事故車処分にかかる費用

事故車を処分するには色々な手続きを踏まなければならず、全て自分で行うならば3万円から5万円かかるのが一般的です。

事故車を簡単に処分する方法

no.1

買取業者に買い取ってもらう

事故車でも買取ってくれる業者があるので、買取業者に買い取ってもらうとお金をかけずに処分することができます。

no.2

廃車手続きをして処分する

スクラップにしたい車は、自動車解体の許可を取っている業者に依頼し、解体後に必要書類を陸運局に提出します。

no.3

新しく車を購入するなら下取りに出す

事故車を処分して新しい車を購入する予定なら、購入先の代理店に下取りしてもらうこともできます。

no.4

ネットオークションに出す

事故車であっても、パーツなどを目的に購入する人もいるので、思いがけない高値で処分できることもあります。

no.5

知人や友人に譲り渡す

事故車であっても欲しいという知人や友人がいるなら、手続きは少し面倒ですが譲り渡すことも可能です。

廃車

どんな方法があるのかを知ろう

物損事故を起こしてしまいボロボロに壊れてしまった、大雨災害等でエンジンが水没してしまい動かなくなってしまった等といった事故車を処分したいが、どうすれば良いか分からないという方もいるのではないでしょうか。自分で処分する事も可能ですが、その際には国の許可を受けた解体工場に自身で持ちこむ必要があり、煩雑な書類手続き等を自分で行わなければなりません。ですので、処分をする際にはカーディーラーや車買取業者等に依頼をするのが一般的です。そうした業者では廃車手続きを行ってくれたり、場合によっては買取を行ってくれて値段が付く場合もあります。そのどちらの場合にしても、事故車の処分には車検証やナンバープレート、印鑑証明書等が必要になります。また、車検が残っている場合に限り還付金を受領するために使う銀行口座等と届出印を用意するのも忘れないようにしましょう。

どのようなサービスを行ってくれるのか

ディーラーや車買取業者に事故車を処分してもらう際には、どのようなサービス内容を受けられるのでしょうか。まず、事故車を解体する工場への輸送です。特に事故車の場合は自走出来なくなっている事も多いため、レッカー業者と提携して依頼後すぐに来てくれるサービスを提供してくれる所もあります。次に、廃車手続きに必要な書類の代筆サービスがあります。この手続きは様々な書類を用意してフォーマット通りに記入しなければなりません。また、通常の自動車や軽自動車で必要書類が違うので、こうした煩雑さを全てお任せ出来るというメリットもあります。さらに、場合によっては査定価格が付き、廃車手続きを全て代行してもらい、保険代等の還付金の他に業者等から買取価格を貰える可能性もあります。事故車といっても、まだ利用価値のある部品があればそれに価格が付く場合があるというのが、事故車の処分を業者に行ってもらう最大のメリットです。

広告募集中